スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19話のお知らせとQの感想

12日発売のまんがタイムジャンボに「先生だって嘘をつく。」19話が掲載されています。
今月は絵がなかなかいい感じに描けてるのでよかったら見てくださいね。
作家さんの日常企画も1ページ描いてます。どうぞよろしくお願いします^v^

以下、エヴァQの感想です。
あんまり肯定できてないんでそれでもOKな方は続きからどうぞw


う〜〜ん私はちょっと苦手なタイプの作品でした。
設定資料集買うことを前提に作ってある系の…笑

話の流れは、前回の話から続きを2話作るなら
とりあえず落とす流れになるのは、そうだろうなと思います。

しかし、空白の14年間がご想像にお任せされるにはあまりにも空白すぎて、
この14年後の世界がどういう所なのか具体的には教えてもらえなかったですし、
舞台に入り込めなかったです。
パイロットが年を取らない設定とかもよくわからなくて、
見知ったキャラなのにいまいち感情移入できなかった。
私には難しい専門用語が耳を上滑りしてくだけで終わってしまいました。
とりあえず次回説明待ちかな、という感じです。

エヴァの舞台は、素人目には現代からちょっと進んでる程度のわかりやすい近未来で
私にとってはそこが感情移入しやすいとても大きな魅力だったんですが、
今回のはオーバーテクノロジーすぎて、他人事感が拭えませんでした。
SF慣れしてる方なら自然に受け入れられるんでしょうが、アホ文系には厳しいです…。
もっと説明があれば飲み込めたんですけども…

設定を作ったのだから、それなりの説明が欲しかったよー!というのが私の感想です。
ここまでお読み下さってありがとうございました。

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。